忍者ブログ

風牙ブログ

真夜中の梟雄、閃くままに乱舞するのみ。
A A A
HOME
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : 風牙 ×
   △ 

はいどーも、ギターのTatsuroです。
いやぁ、ライブ終わりましたねー♪
楽しかったですねー。
何が楽しかったって、SMショーやっててそれが、最高に刺激的でした。
sexlessっつーバンドなんだけど、近いうち、リンクしたいぜ。対バンもしたいぜ。
とまー、その話しはおいといて、
ライブの度に個人的に反省点が色々見つかり、
ちょっと落ち込むね。
次回くらいから、マジで最高の気分になりたいと、思う。
とゆーことは、最高のライブになることでしょう。
とゆーわけで、
次回お楽しみにー( `・ω・´)ノシ

PR

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

ベースの太郎、先日誕生日を迎えまして。家族や友達からお祝いの言葉をもらって、すごく幸せな一日だった。

家族、友達、大好きな音楽、ペットの猫たちなどなど・・・・・・。自分の現状には満足してないけれど、やりたいことがやれているという状況と、こういった自分をとりまく環境は大いに繋がっていて。改めてこういう日にそういうことに思いを巡らせて、ありがたいなあと、感謝の念でいっぱいだった。僕に影響を与えてくれた全ての人・物事・・・・・・。感謝しています。ありがとうございます。

いつか自分の納得行く形で恩返しが出来るように、今はひたすら頑張ります。これからもよろしくね。


28日(月)にはライブ。

風魔はまだ生まれて間もないけれど、確実に成長していっている。その感覚が、皆さまにも伝われば。共有できれば。そして何より、楽しんで頂ければ。

風魔一同、皆さまにライブ会場で会えるのを楽しみにしています。

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

ヴォーカルの島津であります。


先週末、昔の仕事仲間と久しぶりにワイワイガヤガヤとやってきた。
気の置けない仲間と会い、楽しさ、心地よさなどを味わったのはもちろんだが、

「あいだがら」

という言葉を強く思い起こしたりもした。


Eメール、ケータイ、ミクシー等、通信技術の進歩が人間社会の連絡手段を飛躍的に拡散させたことは方々で語られているので、別に私なんぞが言う前から誰もが実感しているはず。便利でいいよね。よく出来たシステムだなと思う。

しかしそのシステムは、同じ空間を共有してこそうまれる人間関係を構築する手段には成り得ても、「あいだがら」そのものには成り得ない。
友情、信頼、愛情、あるいは憎悪なども全部含めての「あいだがら」こそが、人を人と規定してるんだと思う。

今回、アポのために連絡を取ったツールはケータイのみ。全員で共有しているのは一緒に働いていたという縁、更にはそこから発展した絆や友情。
機器を用いて瞬時に連絡がつくことと、足を運んで顔を突き合わせることの本質的な違いは、「あいだがら」を作り上げられるか否か、これに尽きるんじゃないかなと最近よく考えている。



だからといって何か特別なことはないんだけどね。(じゃあ長々書くなよ俺)

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

、、、どーも、Tatsuroです

風邪をひきました。
喉がやられました。

きっつー
だっるー
うっぜー

ウイルスうぜー(´Д`)

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

はい、すかっ晴れのもと、海辺でごろ寝してきました。太郎です。

千葉の海辺はあまり人もいないので、とてもリラックスムード。海もきれい、空気もきれい。東京では張ってしまいがちな気持ちを、ちょっと緩めてきた。こういう逆の刺激もときには必要なんだと思う。

久しぶりに太陽をいっぱい浴びて、潮風にあたって、少し浄化された気分。そしてちょっと日に焼けて、見た目も少し健康的になったかな。



連休最終日の今日(6日)は、東京エスムジカのライブに行ってきた。

世界中の音楽を取り入れてポップやロックに昇華する、ここ数年大好きでずっと聴いているユニット。女性ツインボーカルのハーモニーが鳥肌が立つくらい美しい。

1年ぶりにライブを観たのだけど、やっぱりこの人たちはライブが素晴しい。踊って、歌って、手を叩いているうちに、ライブ会場全体が極上のトリップを体験する。最高に気持ちいい熱とテンションの中、目を閉じて体を揺らしていると、異国の景色が見えてくるような・・・。

やばいくらい楽しくて、気持ちよくて、幸せなライブ。終わった瞬間から「あっちの世界」が恋しくて、寂しくなるくらい・・・。絶対また行こう。

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"風牙" wrote all articles.
http://huma.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME