忍者ブログ

風牙ブログ

真夜中の梟雄、閃くままに乱舞するのみ。
A A A
HOME
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : 風牙 ×
   △ 

今シーズンのF1GPが全て終了した。

昨日の最終戦ブラジルGPを見るにつけ、今シーズンを象徴するようなエキサイティングなレースで、最高の逆転劇で幕を閉じ、まあ面白いシーズンだったんだな、と思った。

昨年の王者アロンソと、驚異の新人ハミルトンを擁するマクラーレン。皇帝ミハエル・シューマッハに見出されたライコネンと、その皇帝と最後にタッグを組んでいたマッサを擁するフェラーリ。ドライバー同士の衝突(サーキット外での)やチーム内での確執の噂、スパイ疑惑によるポイント剥奪など、イメージの悪い出来事があったにはあった。けれど、思い返せばこの2チーム4人の戦いは別次元で、かつチャンプ争いが最終戦までもつれ込むほどの混戦であり、ここ数年では久しぶりにトップチームの戦いが面白かった。

終わってみれば、最終戦はハミルトンの意外なミスと、圧倒的な速さだったフェラーリ、特にライコネンは作戦も効を奏して、結果はそのライコネンの優勝、彼は晴れてチャンプとなったのだった。

僕がF1を見始めたのが、シューマッハとフェラーリの全盛期だったせいもあってか、特にフェラーリファンというわけではないのだけれど、とうもフェラーリ対マクラーレンという図式が「善対悪」に見えてしまう。今シーズンも、最終戦までもつれ込んだチャンプ争いに興奮しつつ、どこかでライコネンに勝ってほしいと思っていた。そして実際に彼がチャンプを決めたとき、僕はほっとしていた。

熱い熱いシーズンが終わった。アロンソはチーム内での確執もあってマクラーレンを離れるというのが有力な噂で、それによってたくさんのドライバーがスライド式に空いたシートを埋めていくようなストーブリーグが展開される。オフシーズンに入っても、目は離せなさそうだ。

不振にあえいだホンダは、来シーズンに期待したい。強いチームがホンダには似合っていると思う。

アロンソをオーバーテイクするという奇跡を起こして大興奮させてくれた佐藤琢磨は、来季もスーパーアグリに残るのだろう。彼にも早く強いチームに行って勝てるドライバーになってほしいけれど、残るのであれば、チームの大きな飛躍と、今年以上のエキサイティングなドライビングを期待しよう。

あっという間の1シーズンが終わり、表舞台はしばし休息。しかし最終戦の興奮から考えれば、自然と来シーズンにも期待してしまうというものだ。



さてライブが刻々と近づいている。今回は、ある意味実験であり、新しい顔をお見せできる機会であり、真価を問う場所であると思う。ライブは毎回重要だけれど、今回のライブもとても重要。ぜひ見届けてほしい。

11/5(月)@下北沢Daisy Bar
18:30/19:00 ¥2000
出演時間未定

ご予約、お待ちしています。詳細は追って連絡します。


太郎

PR

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK URL
"風牙" wrote all articles.
http://huma.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME