忍者ブログ

風牙ブログ

真夜中の梟雄、閃くままに乱舞するのみ。
A A A
HOME
2017
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : 風牙 ×
   △ 

今シーズンのF1GPが全て終了した。

昨日の最終戦ブラジルGPを見るにつけ、今シーズンを象徴するようなエキサイティングなレースで、最高の逆転劇で幕を閉じ、まあ面白いシーズンだったんだな、と思った。

昨年の王者アロンソと、驚異の新人ハミルトンを擁するマクラーレン。皇帝ミハエル・シューマッハに見出されたライコネンと、その皇帝と最後にタッグを組んでいたマッサを擁するフェラーリ。ドライバー同士の衝突(サーキット外での)やチーム内での確執の噂、スパイ疑惑によるポイント剥奪など、イメージの悪い出来事があったにはあった。けれど、思い返せばこの2チーム4人の戦いは別次元で、かつチャンプ争いが最終戦までもつれ込むほどの混戦であり、ここ数年では久しぶりにトップチームの戦いが面白かった。

終わってみれば、最終戦はハミルトンの意外なミスと、圧倒的な速さだったフェラーリ、特にライコネンは作戦も効を奏して、結果はそのライコネンの優勝、彼は晴れてチャンプとなったのだった。

僕がF1を見始めたのが、シューマッハとフェラーリの全盛期だったせいもあってか、特にフェラーリファンというわけではないのだけれど、とうもフェラーリ対マクラーレンという図式が「善対悪」に見えてしまう。今シーズンも、最終戦までもつれ込んだチャンプ争いに興奮しつつ、どこかでライコネンに勝ってほしいと思っていた。そして実際に彼がチャンプを決めたとき、僕はほっとしていた。

熱い熱いシーズンが終わった。アロンソはチーム内での確執もあってマクラーレンを離れるというのが有力な噂で、それによってたくさんのドライバーがスライド式に空いたシートを埋めていくようなストーブリーグが展開される。オフシーズンに入っても、目は離せなさそうだ。

不振にあえいだホンダは、来シーズンに期待したい。強いチームがホンダには似合っていると思う。

アロンソをオーバーテイクするという奇跡を起こして大興奮させてくれた佐藤琢磨は、来季もスーパーアグリに残るのだろう。彼にも早く強いチームに行って勝てるドライバーになってほしいけれど、残るのであれば、チームの大きな飛躍と、今年以上のエキサイティングなドライビングを期待しよう。

あっという間の1シーズンが終わり、表舞台はしばし休息。しかし最終戦の興奮から考えれば、自然と来シーズンにも期待してしまうというものだ。



さてライブが刻々と近づいている。今回は、ある意味実験であり、新しい顔をお見せできる機会であり、真価を問う場所であると思う。ライブは毎回重要だけれど、今回のライブもとても重要。ぜひ見届けてほしい。

11/5(月)@下北沢Daisy Bar
18:30/19:00 ¥2000
出演時間未定

ご予約、お待ちしています。詳細は追って連絡します。


太郎

PR

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

予告通り見てきました。
前の土曜日だったかな。新宿にちょっくら行ってきました。俺も都会っ子になったものです。
Candyと比べると、ぼけぇ~と、ほのぼのと見ていられる映画でした。
ぶっちゃけ、感動とゆーのは、あまりしてないです。
ただただ、ほのぼのとした映画でした。
でも、ラブコメ感もあって、楽しかったし、
ほのぼのしたものが好きなら、ほのぼのした気分になりたいなら、
オススメです。
やっぱ、ラッセル・クロウの演技は良いですね。なにやらせても巧いって感じです。
主演女優の人が綺麗だったです。マリヨン・コティヤールって人。
魅力的な人でした。
アビー・コーニッシュは、candyほど魅惑的で美しく、狂気的な感じではなかったです。
役柄ですからね。上手いは上手いけど、candyを見た後だと、少し物足りなさを、感じざるをえなかったって感じです。
てか、俳優陣が、とっても良いですね。
皆さん、お上手ですこと。

最近、ドストエフスキーの虐げられた人々を読み終わってしまい、次何を読めばいいのか、途方にくれてる次第であります。ドストエフスキーの作品自体あまり多くないので、困ってるのであります。読み直すってゆー手もありますね。
だれか、オススメの本あれば、教えて下さい。

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

どーも、Tatsuroです。
キャンディーっつー映画を見てきました。
いっちょまえに、渋谷まで行ってきました。
いや、わざわざ渋谷に行ってきた訳じゃなくて、渋谷と日比谷でしかやってないから・・・
もともとこの映画との出会いは、TVで一回CMしてたのを見て、
"あ、行かなきゃ!"
と思ったのであります。
更に今日、とゆーか日曜、行くキッカケとなったのは、競馬です。
700円賭けて、1180円戻ってきました。勝ったは勝ったのですが、電車賃差し引くと、往復260円で、700+260=960で、1180-960=220 220円しか勝ってないのです。でも気分が良かったので、時間もあったので、映画行ってきましたよ!でも、財布見たら、ギリギリ映画代と電車賃。久しぶりに、ヒヤヒヤしながらの一日でした。そして映画の後、お腹減るじゃないですか。引越し前で家にも何にもないし、金もないし・・・
SEIYUでクレジットカードでメシを買いました。便利な世の中になったものです。なんとか食いつなぎ、このレビューを書くに至った次第です。

率直な感想は、美しいってことと、どん底ってこととです。
とことん美しくて、とことんどん底です。
まず、Abbie Cornishが美しすぎます。
この話しは恋愛とドラッグに基づいてますが、単にドラッグはいけないよ、ってゆー偽善っぽい話しじゃなくて(もちろん俺はanti-drugですが)、むしろCandyのように甘い甘い恋愛の話で、こんだけ深く恋愛したいぜって思うお話です。
おもいっきりドラッグ漬けなのですが、それでも主役の二人は美しいのです。
Abbie CornishとHeath Leger
二人の演技がかなりヤバイ。キャスティング最高です。
かなりヤバイです。
そして、かなり甘くて、かなりセクシーでかなり美しいのです。
裸体が、Abbieの裸体が特に、美しい。
ホントは、AbbieCornishについていっぱい書きたかったのですが、
Heathもまたhandsomeなのですね。Heathの裸体もセクシーです。
とても魅力的な映画だと思いました。この映画の素晴らしさは、主演の二人と、演出、キャスティングでしょう。助演の人達も素晴らしいけど。
ストーリーとしてはすっげぇ暗くて、どん底なのですが、二人の美しさでそれも気持ちよく見ていられるのです。
そして、ドラッグに関して、かなりリアルです。
みなさん、ぜひ見て下さいね。

次回は、プロヴァンスの贈り物を見てきます。コレも実はAbbieCornishが助演で出てるみたいです。
楽しみです。これは、南フランス、プロヴァンスの美しさ、を見てきます。

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

大分空けてしまったので、最近のことをつらつらと。



Jamiroquai(スペル合ってる?)が引退する、という衝撃的なニュースが出回ったのは、もう半年くらい前だろうか? ずっと気になっていたアーティストで、ようやくCDを集め始めた矢先のニュースだったので、少なからずショックだった。

ところが。そのニュースが誤報であり、出回ったすぐ後に本人も否定していた、ということをつい最近知った。なぁんだ。良かった良かった。

それにしても、ああいった、人を無条件でハッピーにさせてしまう音楽っていいな、と思う。自然に体が動いちゃうような、リズムとサウンド。踊るべくして存在しているような音楽なのに、そこに違和感なく歌が乗っかって、ポップ色も忘れないところがまたいい。

もちろんベースも一流。あの腰に来る音。フレーズ。グルーヴ。

今さらにして、はまりそうですJamiroquai。



CDは常にいろいろと買っているけれど、最近良かったのは徳永英明の「VOCALIST 3」。

当初は「またカバーかよ? もういいよ」と思ったけれど、ラジオやテレビで曲を聴けば、さすがにあの唯一無二の美しい声。買わずにはいられなかった。

収録曲に関しては、もうネタ切れなんじゃないの?感は否めない。でも、彼が歌うと「へぇ、この曲、こんないい曲だったんだ」と思わせる。正にVOCALIST、真骨頂。

でも、オリジナルの新曲も久々に聴きたいというのが正直なところ。・・・しかし素晴しい声だなぁ。



V6(だっけ?)の三宅さんが、ラジオにゲスト出演してこんなことを言っていた。

「エゴにならないエコ」

エコロジーを気にし始めると、人のちょっとした行動もすごく気になって、ついついああしろこうしろと口うるさく言ってしまう。もちろん人類全員で気にかけて取り組むべき課題であることは間違いないけれど、悲しいかな興味の薄い人にとってはそんなのは鬱陶しい小言に聞こえてしまう。

結局のところ、押し付けても駄目なのだ。本人がその気にならないと、行動は伴ってこない。なるほど。そうかもしれない。

地球はこんなに危機的状況なのに、何で平気なツラしていられるの? と自分もついつい目くじらを立てがち。いくら話しても理解してもらえないもどかしさを感じてイライラすることもある。きっと、押し付けているからなんだろう。

「『温暖化がやばいから、植林をしよう!』・・・じゃなくて、『まずはそこの空き缶拾おう』」

藤井フミヤは、以前こんなことを言っていた。そうだよな。まずは、そういうことだ。

芸能人やアーティストがこういったことをメディアで話すのって、大事なことだな、と思う。



ミャンマーの、僧侶先導のデモに、ついに治安維持部隊が発砲。5人が死亡したとか。

非暴力に対して、暴力で圧力をかける。

大きな話になってしまって、おれごときがここでわめいてもあれだけど。悲しいですね。



話がどんどん大きくなってきたところで・・・

風牙、次のライブは、11月5日(月)@下北沢Daisy Bar。

しばらく空いちゃうけど、きっとこのライブでは何かが変わった風牙をお見せできると思います。期待していてください。


Ba.太郎

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 

どーも、Tatsuroです。

今日はウチのペットをご紹介!

蜘蛛を飼ってます。
数匹います。数えてません。
種類もいろいろです。
蜘蛛は好きではありません。
むしろ嫌いなほうです。

コックローチも飼ってます。
数は、少なめで、
たまに遭遇する程度です。
コックローチは好きではありません。
むしろ嫌いなほうです。

モスキートも飼っています。
餌は俺の生き血です。
数匹います。
殺しても殺しても、扉を開ける度に入ってきます。
モスキートは好きではありません。
むしろ嫌いなほうです。

カビ菌も飼ってるみたいです。
繁殖力が強くて困っています。
対策が追いつきません。
健康に害を与えます。肺、喉によくないです。
カビ菌は好きではありません。
むしろ嫌いなほうです。

そんな訳で、
俺は引越すことに決めました。
もう少しで引越せます。
嬉しいです。
ペット繋がりで、今から、ベッドを見てこようかな、
と思っております。

 author : 風牙 ×
     TRACKBACK : 0   COMMENT : 0  △ 
"風牙" wrote all articles.
http://huma.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME